虫歯があると治験がうけられない可能性がある

2016年10月 5日 19:14
治験を受ける場合は基本的な健康診断を受けて、体調などに問題がないことを確認します。
血圧が高いとか血糖値が高いなどで治験が受けられないケースもあります。
同じように虫歯がある場合は治験が受けられないケースがあります。
虫歯で治験がダメになるの?って不思議に思うかもしれませんが、
別に虫歯のチェックをするわけではありません。

虫歯になっていて現在治療を行っている人に関しては、処方されている薬と
治験薬との間で問題が発生する可能性があるために、治験に参加できなくなります。
また、虫歯の治療をしてはいないけれども痛みがある場合は、
治験中は痛みどめを飲むことはできませんので我慢することになります。

余りに大きな虫歯があり、見た目で直ぐにそれとわかるような場合は
治験を受けられない可能性もあります。
それは痛みを感じるような虫歯かどうか、大きいか小さいか、などの基準ではなく
医師が見た時に治験にふさわしくないと判断すれば痛みなどの有無は関係ありません。

虫歯があるから受けられないという可能性を排除するためにも、
虫歯は出来る限り早く治療してしまいましょう。
大きな虫歯でも治療後1か月以上の間があいていれば普通は治験に参加できます。
虫歯ぐらいで...と思うかもしれませんが、虫歯菌が歯根にある血液を通じて
体内に入り込んでしまうと心臓などに悪影響を与えることも分かっています。
たかが虫歯などと放置して悪化させないようにしましょう。

月別アーカイブ