治験関連施設の仕事って病院勤務の看護師に比べて忙しいの?

2017年5月26日 19:16
治験関連施設で働いている人の中には元看護師であった場合が多くあります。
それは看護師で手にしたスキルなどが治験関連の仕事で役立てることができる、
という前提があるからだと言えるでしょう。
そのため、看護師が転職して治験現場で働いている人が多いのです。

看護師から転職するぐらいですから、仕事内容は看護師の時と比べると
夜勤などが無いことを考えると「楽」なのではないかと思うこともありますが、
実際には治験関連の仕事というのは、看護師と同じがそれ以上に忙しいと言えます。

治験を受ける人、製薬メーカー、医師などの治験に関わっている人の間に入って、
治験をスムーズに進めていく事が求められるわけです。
つまり看護師時代の経験が活かせるというのは、治験を受ける人に対しての
ケアの部分で言われているわけです。
しかし実際の作業としては看護ではなく、被治験者からの問い合わせへの回答だったり
治験遂行に必要な書類の作成、整理などが大半を占めています。

これらの作業というのは看護師時代の実務とは大きく異なるものであり、
慣れないうちは非常に苦労するのが特徴と言われています。
また、ある程度慣れてきたとしても、治験は毎回参加者が異なりますし
製薬メーカーや医師、実施する病院なども違ってきます。
そういった異なる環境のもとで、常に結果を出して行かなければいけないというのは、
やはりルーティンになりそうでならない仕事という意味では看護師に比べると、
違った意味で忙しいと言っても良いでしょう。

月別アーカイブ