治験で男性の募集が多い理由って?

2015年1月30日 10:50
治験の募集を見ていると気付くかと思いますが
治験の募集では圧倒的に男性の募集が多いです。
女性でもできるものもありますが、数を比較すると男性のほうが何倍も多いです。

これにはきちんとした理由が存在しているのです。
治験で使われる薬は何度も動物などを使って臨床試験を行ったものですから
基本的には安全性が高いものばかりです。

しかし、有効性や安全性が納得行くまで調べられたものでありません。
そしてそれらの薬品は女性の子宮や卵巣に大きく影響を与えると考えられています。
治験を受けた結果、女性が妊娠しにくくなってしまったり
将来の胎児に何らかの影響を与えてしまうかもしれないということで
治験の募集は圧倒的に男性が多いのです。

また男性のほうが体力的に強いという点もあります。
長いものでは何日間もベッドに拘束されることもありますから
体力的に勝っているほうが何かと都合が良いのです。

さらに、女性の場合には生理があります。
生理中はホルモンのバランスが崩れるため、トラブルが起こりやすく
正確なデータが集め難くなるため、男性の募集がどうしても多くなってしまうのです。

もちろん女性の方で治験を受けたいという人が
こうしたホルモンの影響が関係ないようなもの
フェイズ3など、患者を相手として行われる治験では
あまり性別などは問われないようです。

月別アーカイブ