他に薬を飲んでいる人でも治験に参加できる?

2017年8月24日 22:36
治験に参加するためには様々な条件をクリアしなければなりません。
その中でも一度治験を受けると休薬期間といって3か月程度は他の治験に
参加することができない決まりがあります。
これは治験で摂取した薬が体内に残っていると、治験データが正しく取れない可能性が
あることからの決まりです。

では治験薬とは別の薬をかかりつけの病院から処方されて服用している場合は、
治験を受けることはできないのかどう、これはケースバイケースと言えます。
服用している薬を治験薬と併用することで、治験で得られる効果に影響があれば
参加することはできません。
しかし併用することで問題なしとなった場合は、治験参加も可能になるケースがあります。

ただ、多くの場合で薬を服用していると、治験の最中に得られた症状やデータが
治験薬によるものなのか、服用している処方薬によるものなのかの判断ができなくなるので
併用したままの治験参加は厳しいと言っても良いでしょう。
よほど特殊な治験でないかぎりは、処方薬との併用で治験を進めることは難しいと思います。

稀に処方薬を服用していることを黙ったまま治験に参加する人がいますが、
これは絶対にやってはいけないことです。
黙ったまま参加して問題が発生しても、その責任は虚偽の報告をしたあなたに責任があり
治験を実施している製薬会社などには責任がないとされ補償など受けられなくなりますし、
将来に渡って治験に参加することができなくなります。

月別アーカイブ